title

デュタスを正しい飲み方を知ってAGAを治療してきましょう

デュタスの正しい飲み方

ほかのAGA治療薬でもそうであるように、デュタスには正しい飲み方があります。

副作用が現れる可能性を低くしつつ、デュタスの効果を得るためには正しい飲み方を守ることが何よりも大切です。

もし正しい飲み方を守らず、間違った飲み方をしてしまった場合、副作用が現れる可能性が高まってしまうので、正しい飲み方をしっかり覚えておきましょう。

デュタスの正しい飲み方は、1日1回、1錠を水やぬるま湯と一緒に服用するというものです。

飲む時間帯ははっきり指定されていませんが、確かな効果を得るためには同じ時間に飲む必要があります。

飲み忘れがあってもいけないので、デュタスを飲みやすい時間帯を選んで、その時間に服用することをオススメします。

デュタスを飲み忘れたとき

デュタスの効果を確かなものにするためには、毎日飲み続ける必要があります。

飲みやすい時間帯を選べば、ある程度飲み忘れを防ぐことができますが、それでも飲み忘れてしまうこともあります。

もしデュタスを飲み忘れてしまったときは、どのようにして対処をすればいいのでしょうか。

飲み忘れに気づいたときに慌てなくてすむように、デュタスの正しい飲み方と一緒に、飲み忘れた際の対処法もしっかり頭に入れておきましょう。

飲み忘れを防ぐ方法

デュタスを飲み忘れたときは、翌日から服用を再開しましょう。

飲み忘れに気づくと、飲み忘れた分も一緒に服用してしまいたくなりますが、デュタスは1回につき1錠という用量を守ることが重要です。

飲み忘れがあったとしても、1日1回1錠という飲み方を破らないようにしましょう。

飲み忘れが続いてしまうと、せっかくのデュタスの効果が半減してしまいます。

毎日の生活の中でルーティンとなっていることの前後に、デュタスの服用を結びつけると、飲み忘れを防ぐことができるのでオススメです。

デュタスと他の治療薬との併用について

デュタスはミノキシジルと併用することで、さらに効果を高められるという噂を耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。

この噂はインターネットで特に多く流れており、AGAで悩んでいる方にとって非常に魅力的に映る情報です。

そのため、真偽の程はどうなのか、気になっているという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

ミノキシジルは有名なAGA治療薬の一つで、外用薬と内服薬の2種類があります。

AGAを引き起こす原因を作られにくくするデュタスに対して、ミノキシジルは頭皮の状態を整えて毛母細胞を活性化させ、毛髪が生えやすくすることでAGAを治療します。

得意としていることが違うので、デュタスとミノキシジルを併用すると、より高い効果を得られます。

しかし、2種類の薬を飲むと、それだけ副作用のリスクも上がるので注意が必要です。

デュタスの服用中の注意点

デュタスは効果が現れるまで、一定期間以上、服用を続ける必要があります。

効果が現れるまでは大体6ヶ月ほどの時間がかかるので、6ヶ月経つ前に症状がよくなってきたと感じても、勝手に服用を中断しないようにしましょう。

また、デュタスを服用している方がパートナーである女性に対し、妊娠を望む場合、デュタスの服用をやめてから1ヶ月以上経過してからにしましょう。

これはデュタスの成分が胎児の生殖器の形成に悪影響を与えるリスクを減らすため、という理由があります。

ほかにも、デュタスを服用している間は血液中に成分が残っているので、献血も禁止されています。

デュタスを服用している間は、これらの注意点に気をつけましょう。

まとめ

デュタスは1日1回につき1錠と用量が決められているので、これを厳守することが大切です。

もし飲み忘れに気づいてしまっても、翌日から服用を再開すればいいだけなので、飲み忘れたときの対処も簡単に行えます。

しかし、飲み忘れたからといって1回に2錠服用すると、副作用のリスクが高まるので避けましょう。

デュタスは服用中の注意点があるので、少々扱いが難しそうに見えるかもしれませんが、正しい飲み方を守っていれば基本的には問題ありません。

服用ペースも頻繁ではないので、誰でも簡単にAGA治療を進めていくことができるといえるでしょう。

正しい飲み方や服用中の注意点、ミノキシジルと併用したときの効果と注意点などをしっかり頭に入れ、デュタスの効果を実感しましょう。