title

デュタスを服用する前に副作用について正しく知っておきましょう

デュタスの副作用

デュタスには高い効果がありますが、副作用に気をつけなくてはならないという点があります。

ほかのAGA治療薬でもそうであるように、デュタスには副作用があります。

医薬品と副作用は切っても切れない関係にあるので、安全に医薬品を使うためにも、どのような副作用があるのかを正しく理解しておくのが大切です。

デュタスの副作用はどんな症状が報告されているのか、重い副作用はあるのかどうか、服用する前に詳しく知っておきましょう。

主な副作用

頼りになるAGA治療薬であるデュタスですが、どのような副作用があるのでしょうか。

デュタスの主な副作用として報告されている症状は、勃起不全や性欲減少といった、性機能に関する症状です。

デュタスに含まれているデュタステリドは5α-リダクターゼ還元酵素の働きを阻害し、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンに影響を与えます。

その結果、性機能に関する症状が現れるのではないか、と考えられているようです。

しかし、こういった副作用が現れる可能性は低いので、それほど深刻に考えなくても大丈夫でしょう。

ほかにも、デュタスの副作用には頭痛やめまい、気分の落ち込みといった症状も報告されています。

少々変わった症状では、女性化乳房や乳房痛などの乳房症状も含まれています。

いずれもデュタスを正しく使っていれば、現れる可能性は低いですが、もし何らかの副作用が現れたときは服用を中断し、かかりつけの医師や専門の医師に相談しましょう。

重大な副作用

デュタスの副作用の中で、重い症状は肝機能障害や黄疸です。

正しい方法でデュタスを服用していれば、重い副作用が現れる可能性は低いですが、全く現れないわけではありません。

デュタスは体内で効果を長く続かせるため、化学加工が施されているのですが、これは肝臓にとって有害なものです。

そのため、長期的にデュタスを服用すると肝臓に負担をかけてしまい、肝機能の低下を引き起こす恐れがあります。

肝機能が低下した場合、風邪でもないのに疲れやすくなる、体がだるくなるといった症状が現れます。

また、食欲不振や発熱、嘔吐などの症状が現れる場合もあるので、覚えておきましょう。

肝機能障害は、症状が現れると数値に異変が現れるので、定期的に健康診断を受けて肝臓の数値を調べておくことをオススメします。

デュタスの注意点

デュタスを使うときに注意したいことは、副作用だけではありません。

実は効果が高い薬なだけあって、デュタスにはほかにもさまざまな注意点があります。

そのため、副作用だけではなく、その他の注意点はどのようなものがあるのか、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

デュタスを安全に使うためにも、そしてその効果を正しく得るためにも、副作用以外にはどのような注意点があるのかしっかり把握しておきましょう。

併用禁忌薬

医薬品の中には、特定の医薬品との併用が禁止されているものもあります。

こういったものは併用禁忌薬と呼ばれており、併用することで重篤な症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

しかし、デュタスの場合、併用禁忌薬は特にないといわれています。

すでに何らかの医薬品を服用している方も、安心してデュタスを服用しましょう。

併用注意

デュタスには併用禁忌薬はありませんが、かわりに併用注意薬があります。

併用禁忌薬ほどの重篤な症状は引き起こしませんが、薬の効き目が強くなったり、反対に弱くなったりするため、気をつけなくてはなりません。

デュタスの併用禁忌薬は、ベラパミルやジルチアゼムなどのCYP3A4阻害薬です。

これらの医薬品と併用すると、デュタスに含まれているデュタステリドの血中濃度が高まる恐れがあります。

該当する医薬品をすでに飲んでいる方は、デュタスを服用する前にかかりつけの医師に相談しましょう。

服用できない方

デュタスは、もともと成人男性を対象として作られた医薬品です。

未成年に対する安全性は保証されていないので、未成年の方がデュタスを服用するのは避けましょう。

また、デュタスは女性に対しての使用が禁止されており、特に妊娠中の女性は触れることすら禁止されています。

これはデュタスに含まれている成分が皮膚から吸収されてしまった場合、胎児の生殖器の形成に悪影響を与えてしまう可能性があるためです。

未成年の方だけでなく、女性や妊娠中の方も服用することができないので、注意しましょう。

飲む際の注意点

デュタスは服用する時間やタイミングは、特にはっきりと決められていません。

しかし、含まれているデュタステリドの効果は服用してから24時間で途切れてしまうので、より高い効果を得るためにはできるだけ効果を途切れさせないのが大切です。

そのため、デュタスは毎日同じ時間に服用するのが推奨されています。

また、アルコールを摂取した前後に服用すると、デュタスがアルコールの影響を受けて何らかの悪影響を与えることが予想されます。

アルコールを摂取する前や、摂取したあとに服用するのは避けましょう。

まとめ

ご説明したように、デュタスは副作用から取り扱いまで、さまざまな注意点があります。

妊娠中の方がいる場合、管理方法にも気をつけなくてはならないので、デュタスの注意点は一つ一つをしっかり頭に入れておく必要があります。

どれか一つでも忘れてしまった場合、安全にデュタスを使うのは難しくなってしまうでしょう。

人によっては少々面倒に感じてしまうかもしれませんが、副作用や服用方法、取り扱い時の注意点といったことに気をつけるのは、デュタスの効果を正しく得るためにも必要なことです。

デュタスの効果で確実にAGAを治療するためにも、副作用の症状や服用時・取り扱い時の注意点を理解し、正しい方法で使いましょう。